コラムvol5 戦況分析


――最終戦争、

        開戦。――――

“ALL OUT WAR 7”

 

第7回を迎えたAOWだが、公式から今回が最終開催であるとアナウンスされた。
そのため全国各地で強豪同士がチームを結成し、タイトル奪取を目指している。
今回のコラムでは、今週末に開催が迫るAOW7の戦況分析という名の優勝予想を行った。

【優勝候補】

PLAY SPOT BIG-ONE 2nd
img_s_bishamon_50x50 img_s_lilith_50x50 img_s_qbee_50x50 img_s_zabel_50x50 img_s_aulbath_50x50
ナカニシ(BI) Kaji(LI) さかもと(QB) こめまる(ZA) 海の子(AU)

関東のトッププレイヤーで構成された今大会大本命チーム。
全員が大規模大会の優勝、上位入賞常連であり、間違いなく現時点で最強の布陣だ。
悲願の大型タイトルを獲得した“疾風迅雷”【ナカニシ/ビシャモン】、宿敵を討ちセイヴァーを次のステージに進めんとする“セイヴァーの権化”【Kaji/リリス】、待望の『自らの手で優勝』を決めた“セイヴァーおじさん”【さかもと/Q-Bee】のJMD3タイトルホルダーに、“ジエンド オブ セイヴァー”【こめまる/ザベル】の攻撃力と“最強の盾”【海の子/オルバス】の防御力が加わり更に安定感が増し穴が全く見当たらない。
入念な作戦会議も行っているようで、チームの総合力の高さを強さを生かした幅広い戦略も見られるだろう。
この5人を打開するチームが現れるかどうかが今大会最大の見所のひとつとなる。

 

【対抗馬】

West Style
img_s_leilei_50x50 img_s_gallon_50x50 img_s_demitri_50x50 img_s_aulbath_50x50 img_s_qbee_50x50
あつた(LE) たかはし(GA) だら(DE) bow(AU) SIN(QB)

AOW7開催決定後すぐに参加表明があった関西の古豪を中心としたチーム。
神速のインパルス”【あつた/レイレイ】、“セイヴァーコンサルタント”【だら/デミトリ】の両名は大型大会JMDをスルーし、情報を表に出さずAOWに向けた準備に専念した。
かなり大きな仕掛けが予想され、他地域のプレイヤーにとっては脅威となるだろう。
関西の狂犬”【たかはし/ガロン】はアーケード、ネット問わず精力的に対戦を行い対戦カンを培っている。
大都会の王”【bow/オルバス】は元々関西在住のプレイヤーだが、岡山に移住して新たなアプローチでセイヴァーの実力を上げているようだ。
さらにキーとなるのは“ギガバイトスピード”【SIN/Q-Bee】だろう。
元々露出の少ないプレイヤーだが、全国トップクラスの実力者であることは間違いない。
キャラクター的に多くの仕事を求められるため、現在の仕上がり具合が気になるところ。
一見不安定なキャラ構成にみえるが、全キャラクターを万遍なくケアできる構成なのでオーダーが大きなポイントになる。

 

尾張蔵王連合艦隊
img_s_demitri_50x50 img_s_zabel_50x50 img_s_jedah_50x50 img_s_sasquatch_50x50 img_s_jedah_50x50
アズワン(DE) サガ(ZA) 大内ジェダ(JE) クマ(SA) 始末屋(JE)

名古屋勢と山形・仙台の東北勢が手を組んだドリームチーム。
ソルトファンタジスタ”【アズワン/デミトリ】は洗練された立ち回りと究極のゼロデモン精度が持ち味。
さらにゲームメイクのパターンが豊富なうえに露出が少なく、多くのプレイヤーは未だに動きを掴みきれていない。
名古屋の雄”【サガ/ザベル】はサスカッチからキャラ変えし一時期は苦戦していたようだが、関東に遠征した際には大会で上位入賞するなど結果を出し始めている。
そして“世界一の攻撃力”【大内ジェダ/ジェダ】と“杜のテクニシャン”【始末屋/ジェダ】の東北二大ジェダが同一チームにいる点も注目。
攻撃特化型【大内ジェダ】と立ち回り重視型【始末屋】の二枚のカードをどう切るかが勝ち上がるための大きなポイントになるだろう。
これらのメンバーをまとめ上げるのは“東北のブレーン”【クマ/サスカッチ
情報収集、分析に非常に長けたプレイヤーで、この連合チームの能力を最大限に引き出す要となる人物だ。
キャラクター構成、メンバー構成的に優勝候補チームとの相性も悪くなく、対抗馬筆頭チームと言っても過言ではない。

 

【要注意】

元祖ニューセイヴァー本舗
img_s_zabel_50x50 img_s_gallon_50x50 img_s_bulleta_50x50 img_s_zabel_50x50 img_s_sasquatch_50x50
ヘルビート・ザベル(ZA) Buzz(GA) 徒歩(BU) サトウ(ZA) ハイタニ(SA)

元々は関東の強豪を中心に組まれる予定のチームだったが紆余曲折あって、なんと闘劇’04覇者プロゲーマーハイタニ氏が加入した注目チーム。
クレイジーラスカル”【ハイタニ/サスカッチ】はブランクこそあるものの、活動拠点を関東に移してから対戦を重ね、恐るべき速度で現在のセイヴァーに対応しつつある。
JMD3準優勝の“破壊神”【ヘルビート・ザベル/ザベル】、“暴帝”【Buzz/ガロン】両名の超攻撃的スタイルはどのチームにとっても脅威となるだろう。
また、若手筆頭候補の“覇王を継ぐ者”【徒歩/バレッタ】も近年伸びが良く各大会での上位入賞も目立つ。
総合力と安定感にやや不安は残るが、優勝候補、対抗馬をなぎ倒して優勝まで駆け上がる可能性は十分にある。

 

【期待】

はしゃぎ隊
img_s_sasquatch_50x50 img_s_bulleta_50x50 img_s_jedah_50x50
ナス(SA) コショー(BU) ほえ(JE)

最後のAOWのために【ナス/サスカッチ】の呼びかけで結成されたチーム。
【ナス】は稼働初期から現在まで常に最強サスカッチの一角で、優勝候補チームのメンバーと同等以上の実力者だ。
実に一年半ぶりのセイヴァー大会復帰となる【コショー/バレッタ】の仕上がりと、全てのジェダの手本となった【ほえ/ジェダ】の流麗なプレイにも注目。
現時点では残りメンバーが未定だが、セイヴァーの歴史を作り上げきたこの3人のプレイは必見である。

 

3rd STRIKE
img_s_sasquatch_50x50 img_s_zabel_50x50 img_s_zabel_50x50 img_s_zabel_50x50 img_s_qbee_50x50
こわはら(SA) マッチ(ZA) ナン(ZA) わんたーれん(ZA) パンピーナ(QB)

大規模セイヴァー大会おなじみとなった【こわはら/サスカッチ】率いる3rdプレイヤーチーム。
ナン/ザベル】はセイヴァー勢としても有名で関西で古くからプレイしている。
3rdの全一豪鬼【マッチ/ザベル】は【こめまる】に師事しており、元々のプレイヤー性能の高さから既にかなりの強さを誇っている。
関西の強豪ヤン使いとして有名な【わんたーれん/ザベル】は、初期の頃は格闘ゲームの基礎スキルを活かしやすいガロンを使用していたが、その嗅覚が導き出した結論はザベルだった。
パンピーナ/Q-Bee】は近年ブレードアークスやニトブラでの実績が目立つが、セイヴァーにおいてもDCC5で3位入賞などの結果を残している強豪プレイヤーだ。
セイヴァーの経験値では他チームに一歩劣るが、プレイヤー性能とキャラパワーを遺憾なく発揮し上位戦線に絡んでくることに期待。

 

====================
過去最高数のダークストーカーが集結するAOW7、激闘は必至だ。
是非当日はウェアハウス川崎特設魔次元に足を運んで、最後の”最強”が誕生する瞬間を見届けて欲しい。

text by 岸辺 露伴


過去のAOW特集